2011-03-06

見送りの涙

March 6th, 2011


今日も、娘2人と大河ドラマ「江」を見た。


今日のラストシーン
父柴田勝家が秀吉を迎え撃つべく賤ヶ岳に出陣する。
江姫は、初めて父と呼んだ勝家を見送る。
無事を祈り大きな声で涙ながらに叫ぶ江姫。


中一の娘が、「自分もパパが出張行くときはあんな感じだった」
私も「そうだね、パパもあんな風に馬に乗っていったよね」


・・・笑ってくれて助かった。


娘もそんなふうに自分を重ねて父と娘のドラマを見てるんだな
パパは出張多いけど、平穏にずーっと暮らせて幸せだ。


小さい頃、2年前に亡くなった祖母はよく見送りで泣いていた。
母親も自分も見送りは涙がでてしまう。
見送られるときも、見送るときも。。。


高校卒業して家を出た時、空港の展望デッキで私の乗った
飛行機にいつまでも手を振っていた母の姿が忘れられない。


家族はいつも皆一緒にいられるといいのに。




にほんブログ村

新幹線「はやぶさ」デビュー 

今日、新型の新幹線「はやぶさ」がデビューした。


そんな日、自分は花粉で目がかゆくて鼻がじゅるじゅる。
そして、昨日飲んだプーアール茶が一週間前のものだったせいか、下痢。
やはり冷蔵庫に入れておいてもポットのままではだめみたいである。


はやぶさは、先日開業した新青森まで3時間半
夢のような早さである。


今日の朝日新聞の天声人語には、目的までの線を楽しむことが旅の醍醐味と。
確かにその通りであるかもしれない。
途中通り過ぎるところにもたくさんの面白い見るべきところがたくさんあるはず。


そんな旅を楽しみたい時は、車を使うといいのでしょうか。
九州も鹿児島までつながり、いよいよ我がふるさと北海道・札幌が取り残されました。
生きているうちに新幹線ができるのか?
できてもそんなにうれしいのか?


リニアもしかり。
実験線や上海で乗ったせいか、あまり魅力を感じません。
年取ったら、ゆっくりと旅を楽しみたいものです。

にほんブログ村